リンドウ 竜胆

2021年9月 山梨県甲府市 石丸峠

基本データ&特徴

  • リンドウ科 / 多年草 / 花期 9-11月 / 本州~九州
  • 山地や丘陵地に自生する。高さ20~100cmほど。
  • 茎先や上部の葉腋に蕾を出し、日が当たっている時だけ花を開く。
  • 花は青紫色~紫色の鐘形で、上向きにいくつも咲かせる。
  • 花冠の先は5裂し、内側には茶色の斑点がある。裂片の間には副片がある。
  • 葉は対生し、先が尖った卵状披針形で、3脈が目立つ。
  • 根は黄白色で、ひげ状に何本も伸びる。
  • 根を乾燥させたものが、生薬の竜胆 (りゅうたん) の原料として利用される。

名前の由来

  • 漢名「竜胆 / 龍胆」の音読みに由来し、古来より中国で生薬として用いられてきた熊胆 (くまのい) よりもさらに苦いという意味でつけられた。

リンドウの写真

2021年9月 山梨県甲府市 石丸峠
2021年9月 山梨県甲府市 石丸峠
2021年9月 山梨県甲府市 石丸峠

野の花リンドウ科,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do