アメリカアサガオ 亜米利加朝顔

2021年9月 埼玉県上尾市

基本データ&特徴

  • ヒルガオ科 / 1年草 / 花期 8-10月 / 熱帯アメリカ原産
  • 道端の荒地や畑などに生える。つる性植物で全体に短毛がある。
  • 戦後、輸入穀物に紛れて渡来したものが帰化したと考えられている。
  • 葉腋に花序を出し、1~3個の花をつける。
  • 花は淡青色~青紫色が多いが、白色や桃色などもあり、個体差がある。
  • 葉は長い柄があり、互生する。
  • 葉身は広卵形で3~5裂する。基部は心形で両面に毛が生える。
  • 葉は変異が多く、卵円形で分裂しないものをマルバアメリカアサガオと呼ぶ。

名前の由来

  • アメリカ原産のアサガオであることから。
  • 「アサガオ (朝顔)」は、朝に咲く容姿の美しい花という意味の「朝の容花 (あさのかおばな)」に由来する。

アメリカアサガオの写真

2021年9月 埼玉県上尾市
2021年9月 埼玉県上尾市
2021年9月 埼玉県上尾市
2021年9月 埼玉県上尾市

野の花ヒルガオ科,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do