タマスダレ 玉簾

2021年9月 埼玉県上尾市

基本データ&特徴

  • ヒガンバナ科 / 多年草 / 花期 8-10月 / 南米原産
  • 明治時代初期の1870年頃渡来し、人里周辺で半野生化している。
  • 日当たりがよい乾燥地から湿地まで生息できる。
  • 高さ30cm前後の花茎の先に、白い6弁花を上向きにつける。
  • 葉は細長い棒状で、地面から直接生える。
  • 葉や茎に有毒成分が含まれている。

名前の由来

  • 白い小さな花を「玉」に、葉が沢山茂っている様子を「簾 (すだれ)」に見立てたもの。

タマスダレの写真

2021年9月 埼玉県上尾市
2021年9月 埼玉県上尾市
2021年9月 埼玉県上尾市
2021年9月 埼玉県上尾市

野の花ヒガンバナ科,白色系の花

Posted by UBo-Do