ミツモトソウ 水源草、水元草

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • バラ科 / 多年草 / 花期 7-9月 / 北海道~九州
  • 山地の谷沿いなどに生える。高さ50~80cm。
  • 分岐した茎先に集散状に花序をつけ、黄色の花を多数つける。
  • 花弁は5個で広倒卵形。先端は円頭かややへこむ。
  • 花弁のすき間から先が尖った萼片が見える。副萼片も5個あるが花弁に隠れて見えない。
  • 雄しべは20個。葯も黄色で卵形。花床は球形で短毛が生える。
  • 葉は3出複葉で互生する。下部の葉には長い柄がつく。
  • 小葉は狭卵形で先が尖り、鋸歯がある。葉の全体に軟毛があり、特に脈上に多い。

名前の由来

  • 水の湧き出る水源、あるいは水のある湿った所に生えることから。

ミツモトソウの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

山の花バラ科,黄・橙色系の花

Posted by UBo-Do