タチフウロ 立風露

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • フウロソウ科 / 多年草 / 花期 7-9月 / 本州 (東北南部~中部地方)、四国、九州
  • 山地の草地や林縁に生える。高さ30~70cm。
  • 花は淡紅紫色で、濃紅色の脈があり、基部に白毛が密生する。
  • 葉は掌状に5~7裂し、裂片はさらに細かく裂ける。
  • 葉の表面やふち、裏面脈上に粗毛がある。
  • 茎や葉柄に下向きの毛がある。

名前の由来

  • 茎が長く立ち上がるフウロソウの仲間であることから。
  • フウロ (風露) ついては定説はないが、朝露に濡れた花びらが風に揺れる情景を表現したものとされる。

タチフウロの写真

2021年7月 霧ヶ峰

2023年6月9日山の花フウロソウ科,白色系の花

Posted by UBo-Do