タカトウダイ 高燈台

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • トウダイグサ科 / 多年草 / 花期 6-8月 / 本州~九州
  • 山野の草地に生える。高さ30~80cmほど。
  • 茎の先に4~5個の葉を輪生させ、放射状に花茎をのばし、茎頂近くの茎葉の葉腋からさらに花枝を出す。
  • 総苞葉に囲まれた花は、雄花数個と雌花1個からなる杯状花序。
  • 黄色い楕円形の腺体は4~5個あり、中に多数の雄しべがある。
  • のびでた子房は球体でいぼ状の突起がある。
  • 葉は互生で、長楕円状披針形~長楕円形で細かい鋸歯あり。
  • 茎や葉に白色の乳液を含み、全草にわたり有毒。
  • 秋には茎や葉が紅葉する。

名前の由来

  • 背の高いトウダイグサの仲間であることから。
  • 「トウダイグサ」は、昔の照明器具で油皿を使った燈台に形が似ていることから。海岸の燈台からではない。

タカトウダイの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

山の花トウダイグサ科,緑色系の花

Posted by UBo-Do