チダケサシ 乳茸刺

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • ユキノシタ科 / 多年草 / 花期 7-8月 / 本州~九州
  • 山野のやや湿ったところに生える。高さ30~80cm。
  • 花序は細長い円錐状で、側枝は短く、斜上する。
  • 花弁は淡紅色でへら状線形。萼片と同じ5個で、雄しべよりも長い。
  • 雄しべは10個で花柱は2個。
  • 茎や葉柄に褐色の長い毛がある。
  • 葉は2~4回奇数羽状複葉で、小葉は卵形または倒卵形で重鋸歯がある。

名前の由来

  • 食用キノコのチチタケをチダケとも呼び、これを本種の茎に刺して持ち帰ったことによる。

チダケサシの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

野の花ユキノシタ科,白色系の花

Posted by UBo-Do