クガイソウ 九蓋草

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • オオバコ科 / 多年草 / 花期 7-8月 / 本州
  • 山地の日当たりのよい草地に生える。高さ80~150cm。
  • 茎先に穂状になる総状花序をつけ、淡紫色の花を密につける。
  • 花冠は筒状で浅く4裂する。萼片は5個で先がとがる。
  • 雄しべは2個あり、花冠から長く突き出る。
  • 花軸に短毛が散生する。
  • 葉は長楕円状披針形で先が尖り、4~8個が輪生する。ぎざぎざの鋸歯あり。
  • 白花をつけるものをシロクガイソウという。

名前の由来

  • 蓋 (がい) とは笠などを数える単位で、輪生する葉が層をなして笠のように茎につき、それが9層ぐらいあることから「九蓋草」と名付けられた。

クガイソウの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

山の花オオバコ科,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do