ノアザミ 野薊

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • キク科 / 多年草 / 花期 5-8月 / 北海道~九州
  • 山野にごく普通に見られる。高さ0.5~1m。
  • 頭花は両性の筒状花からなり、紅紫色で、枝先に上向きにつく。
  • 総苞は鐘形。総苞片はそり返らず、粘液を出して粘る。
  • 葉は互生して、表面に白い毛がある。
  • 茎の中部の葉は、基部で茎を抱き、刺針が鋭く、羽状に中裂する。
  • 根生葉は花期にも残り、羽状に中裂する。

名前の由来

  • 野に咲くアザミの仲間であることから。

  • 「アザミ」については、「驚く」を意味する「あざむ」が由来とされ、「棘が多くて驚く」または「棘に刺されて驚く」ことから名付けられたとする説がある。

ノアザミの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰