サワギク 沢菊

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • 別名 : ボロギク (襤褸菊)
  • キク科 / 多年草 / 花期 6-8月 / 北海道~九州
  • 山地のやや湿り気のある林内や沢沿いに生える。高さ30~100cm。
  • 茎先に黄色い花を多数つける。花柄は細い。
  • 舌状花は黄色で7~13個つく。中央の筒状花も黄色。
  • 葉は薄く、互生し、羽状に深く裂けて先は鋭く尖る。
  • 茎は円筒形。中空で折れやすく、下部は角ばってまばらに白毛が生える。

名前の由来

  • 沢沿いの多く見られるキクの仲間であることから。
  • 別名「ボロギク (襤褸菊)」は、花が残っているうちに痩果に白い冠毛が目立つようになり、その綿毛がぼろくずのように見えることから。

サワギクの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

山の花キク科,黄・橙色系の花

Posted by UBo-Do