ヤナギラン 柳蘭

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • アカバナ科 / 多年草 / 花期 6-8月 / 北海道~本州 (中部以北)
  • 山地の日当たりのよいところに生える。
  • 茎頂に10~50cmほどの総状花序を出し、紅紫色の花を下から順に咲かせる。
  • 花は4弁花で、雄しべは8個で雄性先熟する。(自花受粉を避けるしくみで、雄しべが先きに熟して花粉を付けるが、雌しべは熟していないために同じ花同士での受粉はできない)
  • 葉は互生し披針形で、小さな鋸歯あり。
  • 茎は直立して、1~1.5mになる。

名前の由来

  • 葉の形はヤナギ (柳) に似ており、花はラン (蘭) のようであることから。

ヤナギランの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

山の花アカバナ科,赤・桃色系の花

Posted by UBo-Do