ミヤマアカバナ 深山赤花

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • アカバナ科 / 多年草 / 花期 7-8月 / 北海道、本州 (中部以北)
  • 主に高山の湿った草地や渓流近くに生える。高さ5~20cmほど。
  • 茎の上部の葉腋から花柄を出し、淡紅色の花をつける。
  • 花弁は4個の長倒卵形で、先が浅く2裂する。
  • 萼も4個で、裂片は披針状長楕円形。
  • 雄しべは8個で、柱頭は棍棒状。
  • 葉は長楕円形で先が尖り、低い鋸歯がある。
  • 茎の稜上、萼、子房に腺毛があり、葉は無毛。

名前の由来

  • 山地に咲くアカバナの仲間であることから。
  • 「アカバナ」は、秋に葉や茎が赤く染まることから。

ミヤマアカバナの写真

2021年7月 四阿山・根子岳

山の花アカバナ科,赤・桃色系の花

Posted by UBo-Do