シロバナニガナ 白花苦菜

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • キク科 / 多年草 / 花期 5-8月 / 日本全土
  • 低山から高山の道端など明るい場所に生える。
  • ニガナの亜種。全体にニガナより大きい。高さ40~70cmほど。
  • 花は白色で、8~11個の舌状花がつく。
  • 茎葉の基部は毛状の鋸歯があり、茎を抱く。
  • 茎は細く、直立してよく分岐する。
  • 本種の黄花品種をハナニガナという。ハナニガナの方が見る機会が多い。

  • よく似たニガナの舌状花は5~7個で、ニガナの白花はシロニガナという。

名前の由来

  • ニガナの仲間で、白い花をつけることから。
  • 「ニガナ (苦菜)」は、葉や茎に含まれる乳液に苦みがあることから。

シロバナニガナの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

野の花キク科,白色系の花

Posted by UBo-Do