タカネニガナ 高嶺苦菜

基本データ&特徴

  • キク科 / 多年草 / 花期 7-8月 / 北海道~本州、四国 (石鎚山)、九州 (屋久島)
  • 高山から亜高山の明るい岩場や礫地などで見られる。
  • ニガナの高山型変種。高さ10~20cmほど。
  • 細かく分岐した茎先に黄色い花を数輪つける。舌状花は8~11個。
  • 日が差さないと花は開かない。
  • 茎葉は倒披針状へら形で、他のニガナ類と異なり、茎を抱かない。
  • 茎は直立してまばらに枝を分け、匐枝を出さない。

名前の由来

  • 山地に生えるニガナの仲間であることから。
  • 「ニガナ (苦菜)」は、葉や茎に含まれる乳液に苦みがあることから。

タカネニガナの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

山の花キク科,黄・橙色系の花

Posted by UBo-Do