アヤメ 菖蒲

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • アヤメ科 / 多年草 / 花期 5-7月 / 北海道~九州
  • やや乾いた草原に生える。
  • 花茎は高さ30~60cmほどで、紫色の花を2~3個つける。
  • 外花被片は紫色、基部中央は黄色く、青紫色の網目模様がある。
  • 内花被片はへら形で、直立する。
  • 葉は剣状線形で中脈は目立たない。
  • よく似たヒオウギアヤメの 内花被片は小さく目立たない。

名前の由来

※ 同じ漢名のショウブとアヤメにはややこしい歴史があり、名前の由来についても諸説ある。

  • 剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が、文目 (あやめ) 模様に見ているため。

アヤメの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの見分け方

  • 花弁の根元を見れば、比較的簡単に見分けがつく。アヤメは網目模様、ハナショウブは黄色い線、カキツバタは白い線が入る。
  • 生息場所が違う。アヤメは乾燥した場所、ハナショウブは水辺などの湿った場所、カキツバタは水中に生える。

2021年10月28日野の花アヤメ科,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do