ツマトリソウ 褄取草

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • サクラソウ科 / 多年草 / 花期 6-7月 / 北海道、本州、四国
  • 亜高山の草地や林縁などに生える。高さ10~20cmほど。
  • 上部の葉腋から花柄を出して上向きに白い花を1個つける。
  • 花は深く7裂し、離弁花のように見える。まれに6裂または8裂の場合もある。
  • 雄しべは7個で、裂片の数と同じになる。
  • 葉は茎の上部にやや輪生状につき、広披針形で葉質は薄い。

名前の由来

  • 「褄 (つま)」とは着物の裾の左右両端のことで、手でつまんで持ち上げる、すなわち「褄取り」することで裏地が見える。この「褄取り」に、花弁の端がやや紅く縁取りしたように色付く花を見立てたもの。

ツマトリソウの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

山の花サクラソウ科,白色系の花

Posted by UBo-Do