ハクサンフウロ 白山風露

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • フウロソウ科 / 多年草 / 花期 7-8月 / 本州 (中部以北)
  • 高山から亜高山の明るい草地に生える。高さ30~60cmほど。
  • 花は淡紅色~淡紫色の5弁花。花弁の基部に白い軟毛が密集する。
  • 雄しべは10個あり、放射状に並ぶ。
  • 葉は掌状で5~7裂し、さらに3出状に2~3中裂する。裏面に粗毛がある。
  • 茎や葉柄、萼片に伏毛が多い。
  • 変種のイブキフウロは、花弁の先が切れ込み、萼片に開出毛がある。

名前の由来

  • 白山に多いことからハクサンの名がついた。
  • フウロ (風露) ついては定説はないが、朝露に濡れた花びらが風に揺れる情景を表現したものとされる。

ハクサンフウロの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

2021年10月28日山の花フウロソウ科,赤・桃色系の花,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do