ネバリノギラン 粘り芒蘭

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • ノギラン科 / 多年草 / 花期 4-7月 / 北海道~九州
  • 山地から亜高山帯の草地に生える。
  • 茎頂に総状花序をつけて、淡黄褐色の小さな花を多数つける。
  • 花は倒卵状壺形でほとんど開かない。
  • 花の基部に披針形の苞と短い花柄がある。
  • 茎、花序、花被片に腺毛があり、ねばる。
  • 葉は披針形から倒披針形で、束生して根生葉となる。

名前の由来

  • ノギランに似ており、花や茎がねばることから。

ネバリノギランの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳