ゴゼンタチバナ 御前橘

2021年7月 四阿山・根子岳

やや薄暗い登山道脇で、群生しているのをよく見かける。花弁に見える白い総苞と葉が輪状に重なる形が特徴的で、すぐに本種とわかる。

基本データ&特徴

  • ミズキ科 / 多年草 / 花期6-8月 / 北海道、本州 (中部以北)、四国
  • 高山や亜高山の針葉樹林の林床などに生える。高さは5-15cmほど。
  • 茎頂から1個の花に見える花序を立てる。
  • 白い4弁花に見えるのは総苞で、花は多数の小さい花が頭状に集まる。
  • 葉は楕円形で6個が輪生状につく。3脈が目立つ。
  • 葉が4個のものは若い葉で、花も果実もつかない。
  • 果実は直径5-7mmで赤く熟す。

名前の由来

  • 白山の最高峰・御前峰 (ごぜんがみね) で発見され、赤い実がカラタチバナを思わせることから。

ゴゼンタチバナの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

山の花ミズキ科,夏の花,白色系の花

Posted by UBo-Do