キバナノヤマオダマキ 黄花の山苧環

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • キンポウゲ科 / 多年草 / 花期 6-8月 / 北海道~九州
  • 山地の草地や林縁などに生える。高さ30~60cm。
  • ヤマオダマキには紫褐色と淡黄色があり、黄色のものが本種。
  • 花は淡黄色の5弁花で、基部が長くのびて距となる。
  • 萼片も5個で、淡黄色~紫褐色。
  • 小葉は扇型で2~3裂する。
  • 根生葉は長い柄があり、2回3出複葉。

名前の由来

  • 山地で黄色い花を咲かせるオダマキであることから。

「オダマキ」の由来について

  • 「オダマキ (苧環)」とは、麻糸を巻いた管のことで、距の立った花の形がこれに似ていることから。

キバナノヤマオダマキの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳