ママコナ 飯子菜

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • ハマウツボ科 / 花期 7-9月 / 高さ 20-50cm / 北海道~九州
  • 山地や林縁などの乾いた場所に生える。
  • 半寄生植物で、葉緑素を持ち自ら光合成を行うが、他の草や木の根からも栄養を奪う。
  • 花冠は紅紫色で、枝先に花序を出し、多数の花をつける。
  • 花軸や萼には、白毛がやや密に生える。
  • 苞は葉状で、毛状に長くとがった鋸歯がある。
  • 葉は長卵形で、柄がある。

名前の由来

  • 花弁に2つ並んだ白い膨らみが米粒のように見えること、または、若い種子が米粒に似ていることから。

ママコナの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳