コバノイチヤクソウ 小葉の一薬草

2021年7月 長野県 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • ツツジ科 / 常緑の多年草 / 花期 7~8月 / 北海道~本州 (中部地方以北)
  • 亜高山の針葉樹林など暗く湿った場所に生える。高さ10~15cm。
  • 花茎の先に総状花序をつくり、多数の白色の花を咲かせる。
  • 花冠は5つに深く裂ける。雄蕊は10個、雌蕊は1個で花柱は花外に突き出て曲がる。
  • 葉は楕円形~円形で、長さが幅よりある。(マルバノイチヤクソウは幅が広い)
  • 根茎は細長く横にはい、匐枝を出す。
  • 光合成を行うが、足りない栄養を菌類から接種する部分的菌従属栄養植物に位置づけられる。

名前の由来

  • イチヤクソウより葉が小さいことから「小葉」。
  • イチヤクソウは、一番効果のある薬草であることから、あるいは1つの草で様々な病気に効くことから「一薬草」と名付けられた。

コバノイチヤクソウの写真

2021年7月 長野県 四阿山・根子岳
2021年7月 長野県 四阿山・根子岳

山の花ツツジ科,白色系の花

Posted by UBo-Do