オシロイバナ 白粉花

2021年6月 埼玉県上尾市

基本データ&特徴

  • オシロイバナ科 / 多年草 / 花期 6~10月 / 南アメリカ原産 / 各地に野生化
  • 江戸時代に観賞用として渡来し、逸出して各地に野生化。高さ30~100cm。
  • 花は夕方に咲き、翌日の午前中にしぼむ。夏の間は次々と花を咲かせる。
  • 品種名のないものがほとんどで、花の色は、紅、橙、黄、白色など様々。
  • 花は漏斗形で、花弁に見えるのは萼片で、つけ根にあるのは苞にあたる。
  • 葉は対生で広卵形。葉腋に短い柄のある花序を出す。
  • 根茎から多肉質の茎をのばして、よく分岐する。

名前の由来

  • 黒い種子を割ると、胚乳にあたる部分に白い粉質のものがあり、それがおしろいの粉のようであることから。(江戸時代の博物学者、貝原益軒の命名)

オシロイバナの写真

2021年6月 埼玉県上尾市
2021年6月 埼玉県上尾市
2021年6月 埼玉県上尾市
2021年6月 埼玉県上尾市

野の花オシロイバナ科,夏の花

Posted by UBo-Do