ジシバリ 地縛り

2021年5月 埼玉県飯能市

基本データ&特徴

  • 別名 : イワニガナ (岩苦菜)
  • キク科 / 多年草 / 花期4~6月 / 在来種 / 日本全土に分布
  • 山野の日当たりのよいところに生える。高さ8~15cm。
  • 花茎は上部で枝分かれし、花径2~2.5cmの黄色い頭花を1~3個つける。
  • 根際から生える葉には長い柄があり、円形ないし楕円形で鋸歯はない。

名前の由来

  • 細長い茎が地面を這い、ところどころで根を出して増える様子が、地面を縛っているように見えることから。
  • 別名の「イワニガナ (岩苦菜)」は、少しの土があれば、岩の上でも生えて、ニガナのように葉や茎を切ると苦味のある乳液を出すことから。

ジシバリの写真

2021年5月 埼玉県飯能市
2021年5月 埼玉県飯能市

野の花キク科,夏の花,春の花,黄・橙色系の花

Posted by UBo-Do