フタリシズカ 二人静

2021年5月 埼玉県飯能市

基本データ&特徴

  • センリョウ科 / 多年草 / 花期4~6月 / 在来種 / 北海道~九州に分布
  • 山野の林内に生える。高さ30~60cm。
  • 花穂は2個のものが多いが、1個または3~5個つくものもある。
  • 花は花弁も萼片もなく、白く見えるのは雄しべの花糸。花糸の内側に葯がある。
  • 3個の雄しべが内側に丸まって雌しべを包む。
  • 葉は光沢がなく、細かい鋸歯あり。
  • 葉は上部の節に、2~3対がやや間隔をあけて対生するが、2対が多く4輪生に見える。
  • 果実は長さ3mmほどの核果。緑色で小さいので目立たない。

名前の由来

  • 源義経を愛した白拍子の静御前の亡霊が舞う能の「二人静」に由来し、2本の花穂を静御前とその亡霊の舞姿に見立てたもの。

フタリシズカの写真

2021年5月 埼玉県飯能市
2021年5月 埼玉県飯能市
2021年5月 埼玉県飯能市
2021年5月 埼玉県飯能市
2021年5月 埼玉県飯能市