ハルジオン 春紫苑

2021年5月 埼玉県 上尾丸山公園

基本データ&特徴

  • 別名 : ハルジョオン (春女苑)
  • キク科 / 多年草 / 花期5~7月 / 北アメリカ原産 / 日本各地に帰化
  • 大正時代に園芸植物として渡来し、各地で雑草化。高さ30~100cm。
  • 大きな黄色の筒状花の周りに、舌状花が車状に並ぶ。花径2~2.5cm。
  • 舌状花の色は白が多いが、薄紅色、薄紫色などもある。
  • 蕾のときは、花序全体がうなだれている。
  • 葉は互生のへら形で、茎葉の基部は耳状にはりだして茎を抱く。
  • 根生葉は花期でも残る。
  • 茎は中空で全体に軟毛がある。

名前の由来

  • 牧野富太郎博士の命名で、春に咲くシオン (紫苑) という意味。
  • 別名の「ハルジョオン (春女苑)」は、似た野草のヒメジョオン (姫女苑) と対比してつけられた。

ハルジオンの写真

2021年5月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年5月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年5月 埼玉県 上尾丸山公園

ハルジオンとヒメジョオンの見分け方

  • ハルジオンの茎葉の基部は茎を抱くが、ヒメジョオンは抱かない。
  • ハルジオンの茎は空洞だが、ヒメジョオンは白い綿のようなものが詰まっている。
  • ハルジオンの蕾は下にうなだれることが多いが、ヒメジョオンはあまりうなだれない。

2023年6月9日野の花キク科,夏の花,春の花,白色系の花

Posted by UBo-Do