シロツメクサ 白詰草

2021年5月 埼玉県上尾市

基本データ&特徴

  • 別名 : クローバー
  • マメ科 / 多年草 / 花期5~8月 / ヨーロッパ原産 / 日本各地に帰化
  • ひとつの花に見えるのが、多数の小さな蝶形花が球状に集まったもの。
  • 花には短い柄があり、受粉したあとは下向きになる。
  • 葉は3小葉で、ときに4小葉。広倒卵形で、斑紋がある。
  • 茎は地を這って長くのびる。
  • 普通はミツバチによって他花受粉する。
  • 牧草として世界中に広がり、日本でも全国で野生化。

名前の由来

  • 白色のツメクサだからシロツメクサ。
  • ツメクサ (詰草) は、ガラス器などを送る際に、壊れないように詰め物として利用したことから。

シロツメクサの写真

2021年5月 埼玉県上尾市
2021年5月 埼玉県上尾市
2021年5月 埼玉県上尾市

野の花マメ科,夏の花,春の花,白色系の花

Posted by UBo-Do