ムラサキツメクサ 紫詰草

2021年5月 埼玉県上尾市

基本データ&特徴

  • 別名 : アカツメクサ (赤詰草)
  • マメ科 / 多年草 / 花期5~8月 / ヨーロッパ原産 / 日本各地に帰化
  • ひとつの花に見えるのが、多数の小さな蝶形花が球状に集まったもの。
  • シロツメクサとは違い、花はほぼ無柄。受粉しても下を向くことはない。
  • シロツメクサより大きく、花序のすぐ下に葉が1対つく。
  • 葉は3小葉で、広倒卵形~楕円形。v字形の斑紋がある。
  • 茎は直立して高さ20~60cmになる。
  • 明治初期に牧草として渡来。全国に野生化している。

名前の由来

  • 紫色のツメクサだからムラサキツメクサ。
  • ツメクサ (詰草) は、ガラス器などを送る際に、壊れないように詰め物として利用したことから。

ムラサキツメクサの写真

2021年5月 埼玉県上尾市
2021年5月 埼玉県上尾市
2021年5月 埼玉県上尾市

野の花マメ科,夏の花,春の花,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do