ニワゼキショウ 庭石菖

2021年5月 埼玉県さいたま市

空地の背が低い草地に群生していた。花には品があり、小さな球状の蕾は飾りのように見えた。

基本データ&特徴

  • アヤメ科 / 1年草 / 花期5~6月 / 北アメリカ原産 / 日本各地に帰化
  • 日当たりのよい芝生や道端の草地に生える。高さ10~20cm。
  • 球形の蕾から、1.5cmほどの花を次々に咲かせる。
  • 花は赤紫色または白紫色で、濃い色の筋があり、中心部は黄色。
  • 明治時代に観賞用に渡来し、各地に広く帰化している。
  • よく似たオオニワゼキショウは、高さは20~30cmと大きいが、花は1cmほどと小さい。

名前の由来

  • 葉の形がさといも科のセキショウ (石菖) という植物に似ていて、庭によく生えることから。

ニワゼキショウの写真

2021年5月 埼玉県さいたま市
2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園

2021年6月25日野の花アヤメ科,夏の花,春の花,白色系の花,赤・桃色系の花

Posted by UBo-Do