マツバウンラン 松葉海欄

2021年5月 埼玉県さいたま市

用水路沿いの土手に群生していた。とにかく細長くて、ゆらゆらと並んだ折れそうな茎が、上へ上へと伸びている印象。

基本データ&特徴

  • オオバコ科 / 越年草 / 花期4~5月 / 北アメリカ原産 / 本州~九州にかけて帰化
  • 道端は芝生など日当たりのよい場所に生える。
  • 細長い茎先に総状花序を出し、唇形の花をつける。花径は1cmほど。
  • 葉は線形で先が尖る。茎の上部ではまばらに対生、下部では対生か輪生する。

名前の由来

  • 花がウンラン (海欄) に似て、葉が松葉のように細いことから。
  • ウンラン (海欄) は、花がランに似て、海辺に生えることから名付けられた。

マツバウンランの写真

2021年5月 埼玉県さいたま市

野の花オオバコ科,春の花,青・紫系の花

Posted by UBo-Do