ミヤマハコベ 深山繁縷

2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山

基本データ&特徴

  • ナデシコ科 / 多年草 / 花期5~7月 / 在来種 / 北海道西南部~九州に分布
  • 山地の谷沿いなどに生える。
  • 上部葉腋から有毛の柄を出し、花径1~1.5cmの白い花をつける。
  • 花弁は5個で萼片より長く、深く切れ込みがあって10弁花に見える。
  • 萼片の先は鋭形で、外側に白くて長い毛が生える。
  • 雄しべは10個あり、葯は黄白色。子房の上に3個の花柱がある。
  • 葉は、黄緑色で対生し、広卵形で基部はやや心形。
  • 葉の基部と葉柄に長い軟毛がある。表面は無毛。裏面脈上に微毛がある。
  • 茎は斜上して高さ20〜40cmになる。下部は這うように広がる。
  • 茎に2列の毛がある

名前の由来

  • 山地で見られるハコベなので「ミヤマ (深山)」がつく。
  • ハコベについては、日本最初の本草書である「本草和名」 (918年) に登場する波久倍良 (はくべら) が転訛したものと考えられているが、語源は不明。

ミヤマハコベの写真

2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山

ハコベの仲間の見分け方

雌しべの花柱が5本、全体的に大きい → ウシハコベ。他は3本。

雌しべの花柱が3本の場合

  • 花弁は萼片より長く、雄しべは10個 → ミヤマハコベ。
  • 花弁は萼片と同じか短く、茎が暗紫色、雄しべは1~7個 → コハコベ。
  • 花弁は萼片と同じか短く、茎は緑色、雄しべは4~10個 → ミドリハコベ。
  • 名前の由来どおり、全体的にコハコベは小さい。

  • サワハコベの花弁は浅く裂ける。
  • ノミノフスマは花弁は萼片よりも長く、深裂する。葉は無毛、無柄。

2021年5月18日山の花ナデシコ科,夏の花,春の花,白色系の花

Posted by UBo-Do