ツルネコノメソウ 蔓猫の目草

2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山

熊倉山に登って日野コースで下山する際に、群生しているのを何度も見かけた。

基本データ&特徴

  • ユキノシタ科 / 多年草 / 花期4~5月 / 北海道、本州 (近畿以北)、四国に分布
  • 山地の谷沿いの湿ったところに生える。
  • 茎葉は互生し、円形で鋸歯あり。表面にまばらな毛あり。
  • 萼裂片は、淡黄緑色で平開する。
  • 雄しべは8個で、葯は黄色。

名前の由来

  • ツル (蔓) は、花後に地面を這う走出枝を四方に伸ばすことから。
  • ネコノメソウ (猫の目草) は、熟して裂開した蒴果を、昼間の猫の目の縦に閉じた瞳孔にたとえたもの。

ツルネコノメソウの写真

2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2022年3月 東京都八王子 裏高尾
2022年3月 東京都八王子 裏高尾
2022年3月 東京都八王子 裏高尾
2022年3月 東京都八王子 裏高尾
2022年3月 東京都八王子 裏高尾

2022年4月7日山の花ユキノシタ科,春の花,緑色系の花,黄・橙色系の花

Posted by UBo-Do