シュンラン 春蘭

2021年4月 山梨県上野原市 八重山

八重山登山の際に、登山道脇に咲いているのを見つけた。下草と落ち葉に紛れて見逃すところだった。花はロウを塗ったような艶があり、春のランという名にふさわしい澄んだ印象を受けた。

基本データ&特徴

  • 別名 : ホクロ
  • ラン科 / 多年草 / 花期3~4月 / 在来種 / 北海道~九州に分布
  • 乾燥した落葉樹林内に生える。
  • 花茎は肉質で太く、高さ10~25cm。茎の先に花が1個つく。
  • 花の上と左右に広がった萼片3個と、蕊注に覆いかぶさった側花弁2個は、緑色から黄緑色。
  • 中央の唇弁は白色で紅紫色の斑点が入る。
  • 葉は束生し、線形でかたい。縁はざらつく。

名前の由来

  • 春に咲くランであることが名の由来。
  • 別名は、唇弁の斑点をホクロに見立てたもの。

シュンランの写真

2021年4月 山梨県上野原市 八重山
2021年4月 山梨県上野原市 八重山
2021年4月 山梨県上野原市 八重山

山の花ラン科,春の花,緑色系の花

Posted by UBo-Do