ホウチャクソウ 宝鐸草

2021年4月 山梨県上野原市 八重山

名前の通り、飾りをぶら下げているように見える花。有毒植物だが、葉が瑞々しくて食べられそうに見えた。

基本データ&特徴

  • イヌサフラン科 / 花期4~5月 / 在来種 / 日本全土に分布
  • 丘陵や雑木林のやや明るい林床に生える。高さ30~60cm。
  • 葉は互生。表面に光沢があり、長さ5~15cmの長楕円形で先は尖る。
  • 枝先に白色~淡緑色の花が1~2個垂れ下がってつく。
  • 花被片は6枚。筒状に集まり、開かない。
  • 有毒で食べられない。

名前の由来

  • 宝鐸とは寺院の軒先に吊して飾りとする鐘のことで、それに花の形が似ていることが名の由来。

ホウチャクソウの写真

2021年4月 山梨県上野原市 八重山

山の花イヌサフラン科,春の花,白色系の花

Posted by UBo-Do