イカリソウ 碇草

2021年4月 山梨県上野原市 八重山

八重山で見たときは、船の碇というより小型の宇宙船、あるいはクモのような生き物に見えた。

基本データ&特徴

  • メギ科 / 多年草 / 花期4~6月 / 在来種 / 北海道南部~九州
  • 太平洋側の山地を中心に落葉樹林の林床や林縁などに生える。
  • 高さ20~40cm。
  • 花径は2㎝ほどで、足のような花弁が4個。基部に長さ1.5~2㎝の距がある。
  • 葉は2~3回3出複葉。茎の先が3本の葉柄に分かれ、それぞれ小葉が3枚つく。
  • 小葉は細長いハート型で、葉縁に刺毛状の細かい鋸歯がある。

名前の由来

  • 花の形を船の碇に見立てたもの。

イカリソウの写真

2021年4月 山梨県上野原市 八重山
2021年4月 山梨県上野原市 八重山

山の花メギ科,春の花,赤・桃色系の花

Posted by UBo-Do