ジュウニヒトエ 十二単

2021年4月 山梨県上野原市 八重山

八重山の登山コースで、綺麗に咲いているのを何度も見かけた。とてもよい名前をもらった花だと思うが、綺麗な名前だと花にも気品があるような気がしてくるから不思議なものだ。

基本データ&特徴

  • シソ科 / 多年草 / 花期4~5月 / 日本固有種 / 本州、四国に分布
  • やや明るい林の中や道端などに生える。
  • 高さ10~25cm。全体に白い毛が多い。
  • 茎の先に穂状花序を出し、淡紫色~白色の唇形花を輪生させる。
  • 上唇は2つに浅く裂け、下唇は大きく3つに裂ける。上唇は非常に小さい。 
  • 茎葉は対生し、長さ3~5cmの倒披針形で波状の鋸歯あり。

名前の由来

  • 花がいく重にも重なって咲く様子を、官中の女官が着ていた十二単に見立てたもの。

ジュウニヒトエの写真

2021年4月 山梨県上野原市 八重山
2021年4月 山梨県上野原市 八重山
2021年4月 山梨県上野原市 八重山

2021年4月22日野の花シソ科,春の花,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do