サギゴケ 鷺苔

2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園

公園の草地に群生していた。カキドオシに似ていると思ったが、まったく違う花だった。

基本データ&特徴

  • 別名 : ムラサキサギゴケ
  • ハエドクソウ科 / 多年草 / 花期4~5月 / 在来種 / 本州、四国、九州に分布
  • あぜ道など、日当たりの良くて少し湿ったところに生える。
  • 根もとの葉の間から花茎をのばして、花をまばらにつける。
  • 花は唇形で、上唇は2裂、下唇は3裂する。
  • 葉は根もとに集まり、その間から匍匐茎で広がる。

名前の由来

  • 花の形がサギ (鷺) に似て、苔のように地面に広がることから名付けられた。
  • 紅紫色の花をムラサキサギゴケ、白花をサギゴケと呼んで区別することがある。

サギゴケの写真

2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園
2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園
2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園