セリバヒエンソウ 芹葉飛燕草

2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園

公園の草地に点々と咲いていた。ランの仲間かと思って調べてみたが、なかなか名前が分からなかった。上野原市の八重山で見た花のことを調べているときに、偶然この花を載せているサイトを目にして名前がわかった。

基本データ&特徴

  • キンポウゲ科 / 越年草 / 花期4~5月 / 中国原産 / 東京、埼玉、神奈川などに分布
  • 明治時代に渡来したものが逸出して帰化したもの。
  • 花弁状の萼片が5枚あり、上萼片が長さ1cmほどの距になる。
  • 花弁は萼片の内側に、上側1対、下側1対ある。
  • 葉は互生で、2~3回3出複葉。長い柄がある。

名前の由来

  • セリ (芹) のような葉をしていて、ツバメ (燕) が飛んでいるような形の花をつけることから名付けられた。

セリバヒエンソウの写真

2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園
2021年4月 さいたま市 秋ヶ瀬公園

野の花キンポウゲ科,春の花,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do