キクザキイチゲ 菊咲一華

2021/4/11 茨城県 筑波山

筑波山登山の際に、山道脇の林床や笹原にまぎれて咲いているのを何度も見かけた。

基本データ&特徴

  • キンポウゲ科 / 多年草 / 花期3~5月 / 北海道~近畿地方に分布
  • 山地の林床に生える。
  • 茎の先に花径3cmほどの花をつける。茎の高さ10~20cm。
  • 花弁に見えるのは萼片で数は8~13個。花の色は白色~紫青色。
  • 根生葉は2回3出複葉。茎葉は3枚輪生し、3出複葉。小葉は羽状に深く切れ込み、鋸歯がある。
  • 葉柄の基部は広がって、ややひれ状になる。
  • 萼片の形状、枚数には個体差がある。

名前の由来

  • 菊によく似た花を、ひとつの茎に一輪つけることが名の由来。

キクザキイチゲの写真

2021/4/11 茨城県 筑波山
2021/4/11 茨城県 筑波山
2021/4/11 茨城県 筑波山
2021/4/11 茨城県 筑波山
2021/4/11 茨城県 筑波山

アズマイチゲとキクザキイチゲの見分け方

  • アズマイチゲの花は白だけだが、キクザキイチゲは淡紫色や紫青色など他の色もある。
  • アズマイチゲの小葉は切れ込みが浅く、キクザキイチゲは深く切れ込む。
  • アズマイチゲの葉柄の基部は広がらないが、キクザキイチゲは広がってひれ状になる。
  • アズマイチゲの葉はやや垂れ下がってつくが、キクザキイチゲの葉は垂れ下がらない。
  • アズマイチゲの花茎に長軟毛がある。
  • アズマイチゲの花糸の根元は紫色。