エンレイソウ 延齢草

2021/4/11 茨城県 筑波山

筑波高原キャンプ場から女体山へ登るキャンプ場コースを歩いている際に、登山道脇で見かけた。3枚輪生する大きな葉で、すぐエンレイソウだと気が付いた。

基本データ&特徴

  • シュロソウ科 / 多年草 / 花期4~6月 / 在来種 / 北海道~九州に分布
  • 山地のやや湿った林内に生える。
  • 根茎から高さ20~50cmの茎がのびて、先端に3枚の葉を輪生する。
  • 葉は丸みを帯びたひし形で、直径10~20cm。葉柄はない。
  • 3輪生した葉の中心から花柄がのびて花をつける。
  • 花弁のように見えるのは3枚の萼片。色は緑色から紫がかった茶褐色で、横向きに咲く。
  • 雄しべが6個、雌しべは1個で柱頭の先は3裂する。
  • サポニンなどを含む有毒植物で、多量に使用すると中毒症状を起こす。
  • 中国では根茎は延齢草根 (えんれいそうこん) と呼ばれ、古くから胃腸薬などの薬草とされる。

名前の由来

名前の由来については諸説ある。

  • 「延齢草根」という中国の胃腸薬から。中国では民間薬として知られ、食あたりや食べすぎの際に、薬草によって生きながられることから「延齢草」。
  • アイヌ語では、本種を「エマウリ」と呼んでおり、それがエムリ、エムレ、エンレイと変化した。

エンレイソウの写真

2021/4/11 茨城県 筑波山
2021/4/11 茨城県 筑波山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山
2021年4月 埼玉県秩父市 熊倉山

2021年4月28日山の花シュロソウ科,春の花,黒・茶色系の花

Posted by UBo-Do