ヒメオドリコソウ 姫踊子草

2021/3/23 北本自然観察公園

道端や公園、土手などで群生している姿をよく見かける。繁殖力の強さがうかがわれる。花の色と形がホトケノザと似ているが、葉のつき方が違う。

基本データ&特徴

  • シソ科 / 越年草 / 花期4~5月 / ヨーロッパ原産 / 日本各地に帰化
  • 葉は対生。長さ1.5~3cmの卵円形で鋸歯がある。網目状の葉脈が目立つ。
  • 上部の葉は密集して赤紫色を帯びる。
  • 高さ10~25cm。
  • 茎の断面が四角い。(シソ科の特徴)
  • 種子にアリの餌となるエライオソームがあるため、アリが種子を運ぶ。

名前の由来

  • 在来種のオドリコソウより小型であるため「姫」がつく。
  • オドリコソウは、花が編み笠をかぶった踊り子が輪になって踊っているようにみえることから名付けられた。

ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、カキドオシの見分け方

同じシソ科で唇形花をつけるが、よく観察すると違いは多い。

ホトケノザ 上部の葉に柄がなく、台座ような葉の上に花がつく。(2020/12/13 上尾丸山公園)
ヒメオドリコソウ 葉の重なりの横から花が出る感じで、上部の葉は赤っぽい。(2021/3/23 北本自然観察公園)
カキドオシ 葉に長い柄があって、基部に切れ込みが深い。他の2種より花が目立つ。(2021/3/23 北本自然観察公園)

2021年4月9日野の花シソ科,春の花,青・紫色系の花

Posted by UBo-Do