イブキジャコウソウ 伊吹麝香草

2021年7月 霧ヶ峰

基本データ&特徴

  • 別名 : ヒャクリコウ (百里香)
  • シソ科 / 常緑小低木 / 花期 6-8月 / 北海道~九州
  • 低山から高山の乾いた礫地や岩場などに生え、海辺などでも見られる。
  • 枝先に薄紅色~紅紫色の花が輪生する。一般的に標高の低いところでは花の色が薄い。
  • 花冠は2唇形で、上唇は僅かに2裂、下唇は3裂する。
  • 雄しべは4個で、花冠から突き出る。下の2個が長い。
  • 葉は十字対生し、卵形から狭卵形で全縁。先は丸く両面に腺点がある。
  • 茎はよく枝分かれして、地表にそって匍匐する。高さ2~15cmほど。
  • 全体に芳香があり、葉をもむとハッカのような香りがする。

名前の由来

  • 伊吹山で多く見られ、芳香があることから。
  • 別名「ヒャクリコウ (百里香)」は、百里離れたところまで届くほど、香りが強いことから。

イブキジャコウソウの写真

2021年7月 霧ヶ峰
2021年7月 霧ヶ峰

樹木シソ科,常緑小低木,赤・桃色系の花

Posted by UBo-Do