コケモモ 苔桃

2021年7月 四阿山・根子岳

基本データ&特徴

  • ツツジ科 / 常緑小低木 / 花期 6-8月 / 北海道~四国
  • 高山から亜高山のハイマツの下や、林縁、岩場などで見られる。
  • 樹高は5~30cmほど。
  • 枝先に紅色を帯びた白い花を下向きに数個つける。
  • 花冠は鐘形で、先端が浅く4裂する。
  • 雄しべ (花柱) が花弁からはみ出す。
  • 葉は楕円形から倒卵形で互生し、少し硬くて光沢が目立つ。
  • 地下茎は地中を這い、よく分岐する。
  • 果実は食用となり、果実酒やジャムなどに利用できる。

名前の由来

  • 紅い果実を桃に見立て、地面に這うように広がる様子を「苔」に見立てたもの。

コケモモの写真

2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳

2021年10月14日樹木ツツジ科,夏の花,常緑小低木,白色系の花,赤・桃色系の花

Posted by UBo-Do