フユイチゴ 冬苺

2021/3/14 埼玉県入間郡越生町 大高取山

大高取山登山の際、幕岩展望台付近の登山コース脇に群生しているのを目にした。赤い実とギザギザの鋸歯を持つ丸い葉が印象的だった。

基本データ&特徴

  • 漢字名 : 冬苺 別名 : カンイチゴ (寒苺)
  • バラ科 キイチゴ属 / つる性の常緑小低木 / 花期8-10月 / 関東以西の本州、四国、九州に分布
  • 枝が地表を匍匐して増えていく。高さ30cmほど。
  • 葉は互生し、丸形で3~5に浅く裂ける。艶があり、ギザギザの鋸歯がある。
  • 葉の裏、枝には短毛が密集する。
  • 穂状の花弁が5枚の白い花をつける。花径は1cmほど。
  • 11~翌1月頃に直径1cmほどの赤い集合果が熟す。生食可。ジャムにもなる。
  • 冬季でも積雪しないような低山の林床に自生する。

名前の由来

  • 果実が冬に熟することが名の由来。多くの木苺は夏に熟する。

2021年4月9日樹木バラ科,白色系の花

Posted by UBo-Do