2023/8/6 ミヤマクワガタ雌 痛恨のバラバラ事件

ミヤマクワガタ雌をバラバラで発見

クワガタたちを孫のそーちゃんに見せたので、ミヤマの雌2匹は次世代の子孫を残してもらうために捕獲ポイントへリリースしに行くことにした。

雌は昼間は隠れていることが多くてあまり姿を見ないので、飼育ケースの中を探してみると、1匹はいたのだが、もう1匹は身体がバラバラの状態で見つかった。

ああ無常。

雄同士はすぐ喧嘩をするので同じ飼育ケースには入れていないが、雄と雌のつがいなら問題はないと思っていた。まさかこんなことになるとは。

野生でも起こりえるのだろうが、飼育ケースの中はなんせ逃げ場が限られている。ミヤマの雌に申し訳ないことをしてしまった。

やったのはこの雄 (1号) だが、ミヤマクワガタに罪はない。

リリース場所まで移動

ミヤマクワガタの遺体をかき集めて、ミヤマたちを捕獲した場所で埋葬することにした。リリースするもう1匹の雌も虫かごに移して、捕獲現地へ向かった。

ミヤマたちを捕獲した場所へ向かう。

ミヤマクワガタがたくさんついていた樹木まで行き、ミヤマの雌を1匹は埋葬して、もう1匹はリリースした。

木の幹を見上げると、やはりミヤマクワガタの姿があったので、思わず中サイズの雄を捕獲した。飼育ケースの数が足りないが、持ち帰ることにした。

昔使っていた底が浅い飼育ケースを引っ張り出して、持ち帰ったミヤマの環境を整えた。
先に捕まえた雄2匹よりもひと回り小さいが、立派な顎を持つフジ型のミヤマクワガタです。

コクワガタは越冬するが、他のクワガタたちは夏の終わりに電池切れのようにぱったりと死んでしまう。

ミヤマは特に早そうだが、お盆過ぎにまたそーちゃんたちが遊びに来るかもしれないので、それまでは頑張って生きてもらいたい。

2024年1月18日雑記クワガタ

Posted by UBo-Do