コガタルリハムシ 小型瑠璃葉虫

2021年7月上旬 埼玉県さいたま市

基本データ&特徴

  • ハムシ科 / 体長 5.2~5.8mm / 時期 3~6月 / 本州~九州
  • 平地から山地の畑や草地で見られる。
  • 幼虫・成虫ともに、ギシギシやスイバ、イタドリの葉などを食べる。
  • メスは成熟すると腹が大きく膨らむ。
  • 成虫で越冬する。

名前の由来

  • 瑠璃色をした小さなハムシであることから。
  • 「ハムシ (葉虫)」は、植物の葉を食べる虫であることから。

コガタルリハムシの写真

2021年7月上旬 埼玉県さいたま市
2021年7月上旬 埼玉県さいたま市
2021年7月上旬 埼玉県さいたま市
2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ
2021年5月 埼玉県上尾市
2022年3月 埼玉県 北本自然観察公園
2022年3月 埼玉県 北本自然観察公園

2022年3月17日昆虫ハムシ科

Posted by UBo-Do