カツオゾウムシ 鰹象虫

2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園

基本データ&特徴

  • ゾウムシ科 / 体長 10~12mm / 時期 4~10月 / 日本全国
  • 平地から山地の林縁や草地で見られる。
  • くびれのない流線型の細長い体形で、全体が赤褐色の粉で覆われる。
  • 口吻 (ゾウムシの「鼻」) と脚は鉛色。
  • 粉が落ちた個体は地の色が出て黒っぽく見える。
  • 成虫はイタドリなどタデ科の植物の葉を食べる。
  • 幼虫は同じ植物の茎の内部を食べる。

名前の由来

  • 見た目が鰹節 (かつおぶし) のように見えるゾウムシであることから。
  • 「ゾウムシ (象虫)」は、長い口吻が象の鼻のように見えることから。

カツオゾウムシの写真

2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園
2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園
2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園

2021年8月13日昆虫ゾウムシ科

Posted by UBo-Do