コフキゾウムシ 粉吹象虫

2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園

基本データ&特徴

  • ゾウムシ科 / 体長 3.6~7.5mm / 時期 4~9月 / 本州~沖縄
  • 平地から山地の林縁や草地に生息する。
  • 体色は黒色だが、鱗粉に覆われているので淡緑色に見える。
  • ゾウムシ科の昆虫だが、口吻はあまり長くない。
  • クズやハギなどマメ科の植物の葉を食べる。
  • 幼虫は土中で植物の根などを食べて育つ。
  • 幼虫で越冬する。

名前の由来

  • 粉を吹いたような鱗粉をまとうゾウムシの仲間であることから。
  • 「ゾウムシ (象虫)」は、長い口吻が象の鼻のように見える虫であることから。

コフキゾウムシの写真

2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園
2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園
2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園

昆虫ゾウムシ科

Posted by UBo-Do