ブチヒゲカメムシ 斑髭亀虫

2021年7月 埼玉県 さきたま古墳公園

基本データ&特徴

  • カメムシ科 / 体長 13~18mm / 時期 4~11月 / 北海道~九州
  • 河原や草地などで普通に見られる。
  • 体色は黄褐色~赤褐色で、背面中央部に白紋を持つ。
  • 全身に軟毛が生えている。
  • 成虫、幼虫ともに、マメ科やキク科の植物などを食べる。ダイコン、ゴマ、ニンジン、ゴボウ、イネなどの農業害虫として知られる。

名前の由来

  • 触角が白と黒の斑 (まだら) 模様になったカメムシであることから。
  • 「カメムシ (亀虫)」は、体形が亀に似た虫であることから。

ブチヒゲカメムシの写真

2021年6月 埼玉県上尾市
2021年6月 埼玉県上尾市
2021年6月 埼玉県上尾市

2021年8月4日昆虫カメムシ科

Posted by UBo-Do