ヨツボシテントウダマシ 四星天道騙

2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園

ナガメの成虫と幼虫がたくさん葉の上にいたので写真を撮っていたところ、葉の裏に隠れていた小さなテントウムシダマシをたまたま見つけた。(2021年6月)

基本データ&特徴

  • テントウムシダマシ科 / 体長 4~5mm / 時期4~10月 / 本州~九州
  • 植物の根際や枯草の下などに生息する。
  • 体色はオレンジ色で、頭部と脚は黒く、上翅に黒色の斑紋がある。
  • 成虫、幼虫ともに腐った植物や菌類、キノコ類などを食べる。
  • 成虫で越冬する。

名前の由来

  • 上翅に4つの黒い斑紋があるテントウムシダマシであることから。
  • 「テントウムシダマシ」は、敵から身を守るためにテントウムシに擬態した虫であることから。

ヨツボシテントウムシダマシの写真

2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年6月 埼玉県上尾市
2021年7月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年7月 埼玉県 上尾丸山公園

2021年7月13日昆虫テントウムシダマシ科

Posted by UBo-Do